2019年5月13日(月) 12:25
  • ジュエリー
  • 商品

【新作紹介】グランディディエライトのリング

グランディディエライト。おそらくほとんどの方が聞いたことのない宝石名だと思います。
それもそのはずグランディディエライトはかなり新しい宝石で、2014年にマダガスカルで採掘された宝石なのです。
正確には1902年にグランディディエ博士が発見しグランディディエライトと名付けたのですが、それは透明度が低く、到底宝石としては使えないもの。それが21世紀になって宝石質のものが発掘されたものですから、業界で大注目されています。
そんなグランディディエライトですが、流通量が少なく希少性が高いだけでなく、その美しい緑~青の優雅な色が魅力の宝石です。なかでも採掘量が少ない1.06ctのグランディディエライトのリングをご紹介致します。


中央に配置されたグランディディエライトは透明度が高く最高品質質のものを使用。周りをぐるっとダイヤモンドで囲ったオーソドックスなデザインですが、1ピースごとに高さを変えており、主役のグランディディエライトを引き立てるデザインです。腕には4ピースずつダイヤモンドがセッティング。


どの宝石にもない、グランディディエライトの透明感と煌きは私達の心を踊らせます。

横からみるとダイヤモンドを段差をつけてセッティングされていることがよく分かります。

見る角度によって深緑~淡青のように見え自然が生み出す宝石の神秘が溢れています。

グランディディエライト:1.06ct
ダイヤモンド: 0.99ct
価格:¥2,600,000(税込)

マダガスカル大使
グランディディエライト採掘の地はマダガスカル共和国。
駐日マダガスカル共和国大使のミレイユ・ラクトゥマララ閣下より
”新しい、珍しく美しい宝石グランディディエライトを日本に紹介してほしい”と手を交わしました。

そのほかにも希少石グランディディエライトを用いたリングやペンダントネックレスを取り揃えています。
これから価値が上る可能性も秘めているグランディディエライトに興味を持った方はお気軽にお問い合わせくださいませ。


ニュース一覧