ハナジマ1957年創業から現在までの歴史

 

お客様と共に
信頼と実績のハナジマ
創業59年間の歴史

ハナジマ創業以来
59年間の歴史をご覧ください。

history-image2

1957

ハナジマ創業者 花島清治、江戸川区松江、通商今井海道商店街に「花島時計店」を創業
1963年に店舗新装拡張する

history-1957-store history-1957-ads history-1963-new_store

1972

ベルギーアントワープにて宝石の海外買付開始。
以来、香港・スリランカ・ロンドン・イスラエル他、海外との直接交渉をすすめる。

1975

世界最高の輝きを持つ、G.I.A(米国宝石協会)の基準石でもある
ラザール・ダイヤモンドを日本に輸入。「NHK」のニュース番組に出演、インタビューに答える。
タンザニア駐日大使が来店。アフリカフェアーを開催する。

1977-1980

1977年、ブラジル宝石グランドフェアにてブラジル親善大使が来店。
1980年、ブエルトリコにあるラザールキャプランの工場を見学しました。

1982-1999

1982年、日本ダイヤモンドクラブを設立。創業者花島清治が初代会長を務め現在に至る。
1989-2007年、セイコー・クレドール全国専門店 年間売上実績 No.1を5度達成。
1988年、タイのバンコクに宝石買付けの為、バンコクオフィスを開設。
1999年、江戸川区名物商店賞受賞。ブラジル親善大使と共に江戸川区長のもとへ表敬訪問。

2000-2002

2000年、海外からの推薦で社会文化功労章・世界文化大賞を受賞。
同年、日経新聞・日経流通新聞・雑誌「ガイア」から取材を受ける。
2001年、25ans(ヴァンサンカン)「日本の宝石店ベスト10」掲載。
2002年、イタリア ベネト州バッサーノ・デル・ブラッパにデザイン事務所開設。

2003-2004

2003年、世界の独立時計師 アントワーヌ・プレジウソとの契約が決まり取り扱いが始まる。
2004年、良質な白蝶貝ゴールデンパールを稚貝から5~7年かけて育んでいる、インド洋に浮かぶインドネシア・ロンボク島の州政府から直接真珠を買付ける。

2005

ベルギーダイヤモンド公社主催のダイヤモンドデザインコンテストの授賞式に招待され、ベルギー大使館にて当時のフィリップ皇太子(現国王)と親交を深める。

2006

ニューヨーク・LK本社にてラザールキャプラン社 モーリス・テンペルスマン会長と会談。
その後卒業生しか利用できないハーバード大学内・ハーバードクラブにて、社長レオン・テンペルスマンと日本並びに世界のダイヤモンドの戦略について、意見交換する。

2008-

2008年、宝飾雑誌「TOKYO JEWELERS」の新・宝飾店紀行 第一回 取材を受け、同誌に掲載される。
2009年、「ダイヤモンド ’09」日本の秀逸宝飾店―ハナジマ―で取材を受ける。
2008年~2015年 隔月誌 おとこの腕時計~HEROES~にて10回インタビューや記事が公開される。
最新情報や正規としての価値を情報配信する。

2013

スイスで行われる世界最大の時計新作発表会「バーゼルフェア」が大規模リニュアールし参加。
現在取り扱いのブランドの本国CEOや社長に直接要望を伝え新製品に反映してもらう。

2014

宝石の専門家として赤サンゴの希少性、中国での価格や宝石としての市場価値についてインタビューを受けてNHKニュースウォッチ9をはじめ9番組で放送される。
NHK ニュースウォッチ9、テレビ朝日 モーニングバード・サンデースクランブル・ワイド!スクランブル、日本テレビ スッキリ!!・ZIP!、フジテレビ ニュースジャパン、BS朝日 Live Nippon

NHK ニュースウォッチ9 インタビュー TV朝日 モーニングバード! インタビュー 日本TV スッキリ!! インタビュー