2021年11月21日(日) 16:25
  • その他

イタリアンアート<アントニオ・ザッカレラ>

アントニオザッカレラ

桃山時代に生まれた日本の楽焼技法とイタリアの美意識を融合した独自の作風が注目を集める陶芸家アントニオ・ザッカレラ氏。
オーストラリアで陶芸活動を開始し後ペルージャの楽焼陶芸家ロメロ・ロリ氏に師事し独自の作風を確立。
土・火・水・空気という生命の基本要素をベースにした躍動感溢れる色彩が特徴で、
そこに楽焼がもつ穏やかで趣のある味わいを加え、見る者を高揚させる独特のアートを生み出します。
楽焼ならではの素朴な味わいと、イタリアン美的センスが融合した色彩豊かな”ザッカレラ・スタイル“の作品をご堪能ください

ザッカレラシリーズ
スペイン、フランス、ドイツ、イタリア、ヨーロッパ各地から厳選された土をブレンドした素材へのこだわり。
歴史の積み重ねから確立された独自の絵付け(銅や銀硝酸などの酸化物と融合したエナメル等を使用)。
焼き上げによって生じる貫入というひび割れも計算してアートに取り入れる窯焼き技術。

焼き方は「楽焼」といわれるもので、日本では安土桃山時代に良く用いられた手法です。
楽焼の特長は素焼きと絵付け後の仕上げ焼きの2回焼きであるため、その色合い発色が大変良く、色鮮やかな仕上がりです。
鮮やかなターコイズブルーなどの色表現が特徴です。
窯から出された後、おが屑がかけられ酸素を使わない燃焼効果が加えられます。
このひと手間により素晴らしいザッカレラ特有のユニークな彩りが添えられます。まさに度重なる偶然/奇跡、人の手による「宝石」です。

絵画のように美しい作品、ご自宅のインテリアに、大切な方への贈り物にもぴったりです。
ハナジマでは11月29日まで商品数を増やして展示しています。

ぜひ、イタリアンアートの世界観に酔いしれてみてはいかがでしょうか。

《陶芸家 アントニオ・ザッカレラ》
1951年イタリア・イゼルニア生まれ。地元の芸術学校卒業後、オーストリアで陶芸活動を開始。帰国後に活動を再開。
イタリア・ペルージャの楽焼陶芸家ロメロ・ロリ氏に師事し、やがて彼独自の陶芸スタイルを確立。
豊かな自然があふれ、古代ローマ時代の遺跡が発掘されるという、古き佳き田舎の面影を残す地にアトリエを構える。
地元モンタクイラをはじめ、サルモナやファエンツァ等の都市において、多くの芸術賞を受賞。

 


その他のニュース一覧